歴史 | Sunfab

Sunfabグループの創業者Eric Sundinは1925年、Sundinsという社名でArbråにスキー生産工場を設立しました。Sundinsの革新性はスウェーデン軍の目に留まり、スウェーデン軍はスキーを大量に購入するようになりました。これにより、Sundinsは急速に成長しました。1927年の火災の後、スキー工場はArbråからHudiksvallに移転されました。移転後は更なる急成長を遂げます。1936年にはEric SundinはHudiksvall harbourの古い工場を購入し、この地に生産を移転しました。

Hiabの創業
Eric Sundinは絶えず次々に発明を生み出していきました。製造に水力学を駆使し続け、知見を蓄積していきました。その結果、Eric Sundinは建設業者のEinar Friskと共にHydrauliska Industriaktiebolaget、すなわちHiabを創業することになりました。

1947年には、最大の発明の一つである世界初のモバイル油圧クレーンが生まれました。この発明は、Hiabにとっての始まりでもありました。この時から、Hiabは世界中の荷役に革新をもたらしていきます。

Sunfabの創業
その後も製品開発は続き、クレーンの性能を高めるための更なる技術が求められるまで時間はかかりませんでした。1952年にEric Sundinは油圧製品開発のために新会社Sunfabを創業しました。その二年後には、Sunfabとして最初のトラック用油圧ピストンポンプを開発しました。

スキーからポンプへ
1960年代には、Sundinsは世界最大のスキーメーカーの一つに成長していました。さらに、SunfabのポンプとHiabのクレーンの需要も着実に拡大していました。もはや、Sundinグループだけで運営することは困難でした。このため、1965年にHiabは投資会社に売却されました。Eric Sundinはそれでも生涯に渡りSundinの工場で働き続け、1975年にこの世を去りました。

1980年代には欧州全体のスキーメーカーの間で競争が激化したため、1989年にSundinsはスキーの生産から手を引きました。

Sunfabの始まり
1990年代前半に、Sundinの工場はSunfab Hydraulics ABへと名を変えました。.そして、有名なSCポンプに加え、油圧モーターも開発しました。この頃には、Sufabのポンプの売上数は年間で約8,000台に上っていました。

40を超える国々へ輸出
今ではポンプとモーターの売上数は年間で40,000台以上であり、Sunfabは世界的に有名なブランドとなっています。また、生産量の約90%は世界中の約40の国々へと輸出されています。

historia_950.jpg historia_950.jpg historia_950.jpg