Privacy | Sunfab

個人情報保護ポリシー

サンファブ・ヒイドゥロリクス株式会社(Sunfab Hydraulics AB)は、社内でのプライバシー保護確保のために万全の措置を取らねばならない。

サンファブ・ヒイドゥロリクス社の種々のITシステムに保管されている顧客および社員の個人情報、将来サンファブ・ヒイドゥロリクス社の種々のITシステムに保管される他の人たちの個人情報の処理についても同様である。

すべてのシステム開発、サービスおよび労務開発、ビジネス開発は、プライバシーの遵守

および現行のスウェーデン個人情報保護法を考慮して行われねばならない。

個人情報保護が満足に行われるようにはモダンでコスト効率が高い技術で個人情報は保護されているかサンファブ社は、監督していかねばならない。

サンファブ社は、忠誠、意識、教育、組織のことも同様に重要であるので持続的に

監督していかねばならない。

管理職者は、個人データを取扱うすべてのスタッフに十分な教育および保管してある

個人情報に越権行為者の侵害が発生せぬよう技術リソースを提供する責務がある。

サンファブ・ヒイドゥロリクス株式会社には、任命されたデータ保護官がいる。

データ保護官は、時間、教育養成、各部署との効率よい協力関係が可能であることなど十分なリソースを使って独立した立場で執務を行わねばならない。

データ保護官は、社内に保管してある個人情報処理を精査してその不備の指摘、個人情報が保管されている弊社の全てのシステムのディレクトリ一覧での精査、古い個人情報の削除、情報が保管されている方たちの支援、保管された個人情報の写しを送る、監督機関との連絡などの責務を果たさねばならない。

サンファブ・ヒイドゥロリクス株式会社でシステム開発、サービスおよび労務開発、ビジネス

開発、その他個人データ保護の職務に携わっている社員および個人データ保護に影響を

及ぼす可能性あるすべての社員は、個人情報処理の変更実施または処理の変更が

計画される時には、データ保護官と事前に必ず話し合わねばならない。

サンファブ・ヒイドゥロリクス株式会社でシステム開発、サービスおよび労務開発、ビジネス開発、その他個人データ保護の職務に携わっている社員および個人データ保護に影響を及ぼす可能性あるすべての社員は、個人情報処理の変更実施または処理の変更が計画される時には、データ保護官と事前に必ず話し合わねばならない。

フッディクスヴァル市 2018517